睡眠の仕組み一覧

スタンフォード式最高の睡眠とは

スタンフォード大学医学部教授であり、スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長 西野精治先生著作の「スタンフォード式最高の睡眠」についてつらつらと。 <q>睡眠の質を徹底的に高めて仕事・勉強・運動など、あらゆるパフォーマンスを劇的に飛躍させる</q>(腰巻・帯紙より)…その方法とは?

しっかり寝ても疲れが取れないNG習慣

しっかりと眠る時間を確保して眠ったはずなのに、朝、寝起き時、疲れが取れていなくて、スッキリと目覚められない事。経験された方、たくさんいらっしゃると思います。 海外女性誌「Good Housekeeping」の記事を参照し、安眠妨害になるNG要因をNEWSポストセブンでご紹介されていましたので、そちらをもとにお話をさせていただきます。

研究で判明したダイエットをせずに脂肪や糖を燃焼して肥満を解消するかもしれない話を睡眠に紐付ける

カナダはマックスター大学の最近の研究によりますと糖や脂肪を燃焼させる働きを持つという褐色脂肪の働きを末梢セロトニンというホルモンが邪魔をしているらしい。セロトニンといえば、睡眠にも大きく関わりのあるホルモンですが、果たしてその研究内容とは?

朝型人間VS夜型人間(Early Birds vs Night Owls)

「朝型人間」や「夜型人間」なんていいますが、これらのタイプは遺伝子レベルで決まっていることなのだとか。 そういった仕組みや、「朝型人間」「夜型人間」についての特徴などを解説した動画が、GIGAZINE(ギガジン)にて紹介されていましたので、こちらでも取り上げさせていただこうと思います。