メラトニン一覧

快眠・安眠間違いなし/寝室インテリア8つのコツ

充実した睡眠を手に入れるには寝室の環境は重要。とはいえ、自分に合った快適な寝室…といざ尋ねられてもピンとこないもの。 無限の選択肢の中からひとつずつ探していくよりも、詳しい方が「いいよ!」と推しているものから自分に合ったものを探すのが手っ取り早い。 iemoというインテリア&リフォーム情報サイトで、紹介されているコツを見て行きましょう。

研究で判明したダイエットをせずに脂肪や糖を燃焼して肥満を解消するかもしれない話を睡眠に紐付ける

カナダはマックスター大学の最近の研究によりますと糖や脂肪を燃焼させる働きを持つという褐色脂肪の働きを末梢セロトニンというホルモンが邪魔をしているらしい。セロトニンといえば、睡眠にも大きく関わりのあるホルモンですが、果たしてその研究内容とは?

NO IMAGE

朝、スッキリした目覚めを手に入れたものの…

朝の目覚めを何とかしたい…という思いから睡眠についてあれこれ勉強をはじめ、やがてはこんなサイトまで立ち上げた中で、OKIRO(オキロー)という光で目を覚ます目覚し時計に巡りあえ、とりあえずは快適な目覚めを継続しているのは確かです。

何かと話題となってきた光目覚まし時計OKIRO(オキロー)の仕組みを考える

最近何かと話題となっています光目覚まし時計。 置きたい時間の何分か前から段々と明るくなって 起きたい時間には煌々と照らしてくれるというもの。 その光目覚まし時計がどういった作用で目を覚ます事になるのかを考えてみました。

NO IMAGE

トリプトファン・セロトニン・メラトニンの連携

トリプトファンがセロトニンになって セロトニンがメラトニンになる。 そうして人の寝起きがコントロールされている。 ならば、それらの成分をサプリメントで補えば完璧! …ってちょっと待って下さい(笑) 本来、人の身体はそういった分泌を出来るように作られています。 まずは、身体がしっかり機能してくれるようにするためのポイントを整理してみましょう!

NO IMAGE

アトピー性皮膚炎に悩む方の睡眠

アトピー性皮膚炎に苦しんでいる人が充分な睡眠をとれているのかというと、当事者でもあるわたくしの意見としては「充分に取れるわけがない」と言いたいところです。 そもそも一日の多くの時間を身体のどこかで感じているかゆみ等に気を取られて集中することもままならないというのに、睡眠時に都合よくかゆみが収まってくれているわけがない。 そんな考え方をちょっと変える必要があるのかな?という本に出会いました。

NO IMAGE

本来備わっているはずの身体機能がしっかり働いていないかも

朝、目覚めがすっきりしない…疲れが取れにくくなった… 睡眠時間は充分なのに日中に眠たくなる… そうした症状を根性で乗り切ろうとされている方で 朝、ちょっとした散歩を試されたことのない方は 一度、まず試していただければ…と思うのですが いかがでしょうか、というお話です。

NO IMAGE

メラトニンが早く身近な存在になってくれることを願います

睡眠に関するこうしたサイトをはじめることによって また多くの情報収集を行うキッカケになったのはとてもありがたいことです。 改めて意識をすることで、本屋さんに入った時にでも 睡眠に関する書籍が目にとまるようになってきたように感じています。 そんな中、改めてメラトニンについてWikipediaを読んでいますと 日本でのメラトニンの扱いについて気になる記述がありました。 その記述とは…